夢は人々の役に立つプログラマーになること(井上 光) | 菲律賓遊學・宿霧遊學就選擇QQEnglish。致力於提升英語能力!

宿霧遊學・菲律賓遊學選擇QQEnglish
夢は人々の役に立つプログラマーになること(井上 光)

将来私は人々の役に立つプログラマーになりたいです。みんなの役に立つことにより、自分が幸せになれるからです。そのために必要なのはプログラミングだけでなく、いろんな分野の幅広い知識を得ることだと思います。プログラミングだけをしていて他の知識がなければ良いプログラムを書くことはできないと思うからです。

 プログラマーになりたいと思ったのは高校2年の時からでした。私は小学校1年から高校3年までインドの私立校で勉強していました。小学校と中学校の頃は特に将来の夢はなく、成績のためだけに勉強していました。物事にあまり関心はなく、自分のことしか考えていませんでした。そういう気持ちで高校1年まで過ごしました。ある高校二年の時、私は授業でプログラミングに出会いました。自分で初めてプログラムを作成した時、私は凄く感動しました。自分が打った命令をコンピュータが凄まじい速さと正確さで実行してくれるのがとても感動的でした。その時まで私はコンピュータゲームを遊んだり、アニメを見たりしていました。しかし自分でアプリを作成することにより、コンピュータアプリは使うより作る方が楽しいと思いました。もしかして自分が作ったアプリが他の人にも感動を与え、役に立つのかもしれないと思い始めました。こういうきっかけで私は他の人のことを幸せにすることに興味をもち、将来プログラマーになりたいという夢を持つようになりました。

それから私はプログラミングだけを熱心に勉強し、ゲームなどのアプリの開発をするようになりました。しかしプログラミングだけをしていたら新しいアイディアがあまり出てきませんでした。このままではただアイディアを持っている他の人のためにソフトを書く人になってしまい、自分自身で新しいソフトを書くのはできなくなるだろうと思いました。そうならないよう私はプログラミングだけでなく、様々な分野の知識と経験を経て、それらを生かしてプログラムを書くのが一番だと思います。例えば、建築のプロセスや音楽の知識などです。こういう知識が有れば、新しいアイディアが生まれ、物事をもっと理解して、効率の良いプログラムを書くことができると思います。いろんな分野の知識を得るため、私は色んな人と出会い、新しいことをしたいです。そのために私は自分の興味を増やし、新しいことに挑戦します。

人々の生活を快適にし、人々を幸せにしたい。そういう想いを込めて私は世界一のプログラマーを目指しています。

 

 
投稿一覧に戻る